医者

悩んでいる女性は沢山いる【尿漏れの症状は適切な治療で治る】

性病に感染してしまったら

ナース

性病の治療

梅毒は性病の一つで、一昔前は不治の病として恐れられていました。感染ルートは性行為や梅毒に感染した妊婦から子供に感染する母子感染がありますが、性行為により感染したケースが殆どです。粘膜や皮膚の小さな傷から、病原菌が体内に入り込み、全身に広がってしまいます。また口に病変があればキスをしただけで感染してしまいます。パートナーに感染させることのないよう、感染に気づいたら早めに病院にかかりましょう。梅毒は、男性は泌尿器科や性病科、皮膚科で、女性は婦人科に性病科、皮膚科にて治療します。治療は薬による治療になりますが、感染してから早ければ早いほど、治療期間が短く済みます。そして処方された薬は指示を守って服用し、定期的に検査をすることをおすすめします。

性病を扱う病院

梅毒の治療は泌尿器科でも性病科でも治療は可能です。しかし、泌尿器科が性病だけでなく腎臓がんや尿管結石など治療の範囲が広いのに対して、性病科は性病のみを扱います。そのため性病科の医師は、梅毒をはじめとした性病の治療の経験や知識が豊富です。しかし、性病の治療は恥ずかしいと泌尿器科や性病科に通院することを躊躇する人も少なくありません。性病科のあるクリニックの中には、スタッフが全員男性であったり、24時間相談できる窓口があるなど配慮が行き届いたクリニックもあります。病院にかかると保険証の利用履歴が記載されたハガキが自宅に届くため、家族に泌尿器科や性病科にかかったことを知られたくないという人もいます。性病を治療するクリニックの中には自由診療の所もあります。自由診療のクリニックなら、泌尿器科や性病科にかかったことが保険証の利用履歴に記載されることがないため、家族に知られることなく通院することが可能です。